toptoppage


公開講座受講者の感想


※公開講座受講者から感想文が届きましたので、以下にご紹介します。

 現在の仕事で統計学を使っているわけではないのですが、自分のスキルの幅を広げるため、受講しました。他の機関や企業も、同種の講座をやっているようですが、
①少人数制であること、②ほとんどの講座が土日開催で参加しやすいこと、③別途、統計ソフトの使い方を学べる講座があることなどを理由にこちらの講座を選びました。特に、①のメリットは大きく、自分が疑問に感じた点は適宜授業中に質問することができ、「なんとなく」を「理解」に変えることができたように感じます。また、生徒側には、様々な業界・職種の方々(大学院生、企業の研究者、営業等)がおられましたが、土日開催であるためか、みな非常にやる気のある方が揃っており、大変刺激になりました。
 私はこれまで数学を真面目に勉強したことがなかったため、受講前には多少の不安がありましたが、特段不都合はありませんでした(不都合が出た方は素直に質問しましょう。きっと解消されるはずです)。値段は相応にするため、受講するかは悩みましたが、値段に見合う講座であったと感じています。(28歳 公務員)

------------------------------------------------------------------------------
 勤務先の業務システムやインターネットなどの様々なデータが取得できるようになり、時代の流れとしてきちんと統計分析を知っておいた方がよいと思えることが増えています。しかし私の場合、学生時代まともに統計を学んだわけではなく、統計の専門書を何冊も買いましたが、結局読まずじまいになりがちでした。自分は教室で学ばないと身につきそうもないと観念し、教室型の講座を探すようになりました。
 受講先を決めるに当たり、土日に開催されるということ、また、格安ではないにせよポケットマネーでも受講可能な範囲の金額であるということからこの研究所の講座を選択しました。
 参加してみると、杉山先生をはじめ、講師の先生は数式は最小限に抑え、いかに数式の意味を説明するかというところに苦心されているのが伝わってくる授業でした。とはいっても、数学的な解説が省かれているわけではなく、そうした数式の説明ももちろんしていただきました。その数式がどういう意味を持っているのかという解説を授業中に追いかけていれば、データの意味や、分析手法の特長などは分かるようになります。
 また、先生方のお人柄あってのことと思いますが、人数がほどほどなので、授業中に随時質問もできましたし、最後に質問の時間も十分とってくださいました。いい意味で大学のゼミに近いような雰囲気の緩やかな雰囲気の授業です。昼休みの食事どきにも参加者同士でお話もでき、仕事上、統計学を活用されている方にとって、知り合いを広げる良い機会にもなりえると思います。
 もちろん、いくら分析のプロセスや結果の読み取り方がわかっても、自分でデータを処理できなければ意味がないわけですが、この点、無料の分析用プログラミング言語、R言語について1日教室が用意されています。これを受ければ、基本的な操作がおよそ理解できるようになります。このR言語の講座は他所の講座代金と比較しても比較的安価ですし、統計処理入門としては過不足ない内容でした。勤務先に何らかの統計ツールが整備されていない人は、併せて学ぶべきものだと思いますので、R言語を知らない方は、講義からあまり日をおかずに受講されることををぜひお勧めします。 (47歳 会社員)

------------------------------------------------------------------------------
 統計学を基礎から体系的に学べるだけでなく、統計学の最新の動向まで教えていただけて、とても面白い講義でした。本やインターネットで調べても解決できなかった分析上の疑問点を相談させていただいたところ、丁寧に解答していただけたので本当に助かりました。これは少人数制であり、かつ先生の面倒見の良いお人柄によるところが大きいと思います。また、他の受講生の質問を契機にディスカッションになることも度々あり、分析における新たな視座を得ることができました。講義のパワーポイントと関連資料をDVD等でいただけるので、復習をする際に役立ちました。(29歳 女性

Copyright c Toukei Kagaku Kenkyujo, Co., Ltd. All right reserved